賃貸住宅を選ぶことで得られるメリットについて

賃貸への引越しが決まったら、賃貸の解約手続きや、転出届や転入届、国民年金や保険関係など様々な手続きがあります。

賃貸住宅を選ぶことで得られるメリットについて

賃貸に引越したらする手続き

新しく賃貸物件に引越しすることになったら、様々な手続きがあります。現在住んでいる所が賃貸の場合は、真っ先にすべきなのが賃貸の解約手続きです。解約手続きは早めに済ませておくとのちのスケジュールがスムーズに運びます。引っ越し予定日を家主に伝えて、敷金の清算方法や退去の立会日についてなども確認しておきます。新しい住まいに住所を移すための転居届は市役所でできます。転居届のほかに、健康保険や印鑑登録証明、国民年金などの資格喪失手続きや廃止手続きも市役所で行います。その他に、生命保険会社、プロバイダ関係、電話関係などの会社に、住所変更の連絡をする必要があります。インターネットで手続きができることもあります。

郵便局ですべきなのが郵便物の転送手続きです。郵便物の転送手続きとは、旧住所に来た手紙やハガキなどを、手続きから約一年間無料で新住所に転送してくれる郵便サービスです。新しい住所に引越したら、転入届や国民健康保険や印鑑、国民年金などの加入手続きを自治体の市役所で行います。また、運転免許証の住所変更の手続きもする必要があります。運転免許証の住所変更は、新しい住所にある警察署や運転免許センターで出来ます。

Copyright 2018 賃貸住宅を選ぶことで得られるメリットについて All Rights Reserved.